浮気してるかも?浮気・不倫調査の無料相談を一括見積り!探偵社によって調査価格が違うので一括見積もりで検討してから依頼しましょう!

浮気の確証があったら離婚する気があるか?

浮気調査を探偵に依頼する事は、依頼者側にとっては
かなり辛い決断かもしれません。

例えば、パートナーが浮気の確証となる証拠が出た場合
離婚をする決断があるかどうか?で今後のあなたの人生が
大きく変わってきます。

パートナーを更生させ浮気をさせない人柄にしていくのか?
それとも慰謝料を請求し離婚をするのか?

あなたが、浮気調査依頼をした後の事も考えるようにして下さい。

もし、浮気が発覚して確実な証拠を掴み慰謝料を
請求する場合は、以下の手順を踏まなければなりません。

その前に、まず理解して頂きたい事としては、浮気の事実が
あったとしても慰謝料の請求をする事は出来ません。

それは、「物的な証拠」が必ず必要になります。

例えば、

メールのやり取り
クレジットカード明細
レシート

何故?物的な証拠が必要なのかと言うと
もし、離婚調停ともなれば第三者が見てもあきらかに
パートナーが浮気をし精神的な苦痛を与えていると
判断させるための物でもあります。

これらの証拠がなければ、パートナーが浮気を認めないケースもあるので
事前に物的証拠が必要になってきます。

それを踏まえ、慰謝料請求には家庭裁判所で
離婚調停の申し立てをします。

第三者である調停委員が公正に話をまとめていきます。

確実にパートナーが浮気をしている状況証拠があった場合
調停委員が最終的に調停調書を作成。

パートナーが浮気を認めお互いに同意した調書には、
「養育費」「財産分与」「慰謝料」などに関する条件が記載されております。

このように、浮気調査の依頼をかける際は
必ず確証があった先の事まで考えて動く必要があります。

慰謝料の金額に関してですが、相手の年収や給与といった
社会的な地位によって金額は異なります。

平均的な金額としては、200万~300万円位が相場の値段になっているようです。

年収が高い人は、それ以上の金額を慰謝料として請求する事が出来るので
是非、参考にされてみて下さい。

Scroll to top